耐風圧性能の向上

2020年8月2日

梅雨明け後の猛暑は、何をしても体にこたえます。
家の回りの草刈り・掃除をしていると、汗が吹き出るようです。
人と雑草との戦いの夏・・・。
草の整理を終え一息つく時の心地は 雑草を制したぞ!という思いです。


ところで、近年は2018年の台風21号、昨年の15号と、最大瞬間風速55m/s超の暴風を伴う
大型台風が各地で甚大な風害をもたらしました。

被害を踏まえて 窓シャッター分野では 各メーカーで耐風圧性能に着目した製品開発が活発化しています。

YKKが今年6月に発売した窓シャッター「耐風シャッターGR」は
耐風圧性能1200㎩を確保し、従来品の800㎩に対して約1.5倍の強度を実現したということです。

LIXILも耐風性能を強化し、今年7月1日に発売開始。
標準タイプは大型台風における最大風速に対応するため、ガイドレールの厚みを増やし
耐風圧性能を従来の800㎩から1.5倍の1200㎩に向上
耐風タイプは新たな試験を実施し、1600㎩まで耐えられることを確認したという事です。

標準タイプは2㎏の木材が44㎞/hで衝突してもガラスの割れを防ぐ強度を確保し
耐風タイプは3㎏の木材が55㎞/hで衝突してもガラスの割れを防ぐということで
備えあれば憂いなしです!

ページの先頭へ

お問合せ・資料請求