木材利用の更なる促進へ

2020年2月2日

今日は天気が良いので大山にでも行こうと思っていましたが
朝急に気が進まなくなってしまい、延期にしました。
気温も比較的高めで良かったのですが
心のどこかに準備不足かな・・・という思いがあったのだと思います。
朝事務所へきて、登山靴・ストックの点検整理をして、次回に備えました。


ところで、国土交通省は1月17日「中規模木造庁舎の試設計例」を公表しました。

2010年の公共建築物等木造利用促進法の施工以来、
低層の公共建築物の木造化率は着実に上昇しており
近年では民間を中心に中大規模建築物の木造化事例も増加しつつあり
こうした状況を踏まえ、同省は4階建て・延床面積3000㎡、耐火建築物の中規模木造庁舎について
軸組工法およびCLTパネル工法で設計する際の課題や配慮すべき事項などを把握するために
有識者らによる検討会の意見を踏まえて試設計を実施しました。

今回公表された試設計例は、建物の両端に耐震壁等の水平抵抗要素を配置し
中央に大部屋形式の事務室を有する中規模木造庁舎の平面計画となっています。

また、構造設計として、防火上有害な変形等を生じさせないための建物の変形の制御や
CLTパネルの接合部の検定等がなされた上で
工事費の概算といったコスト検討に関するポイント等も紹介されています。

国交省は、今回の試設計例は今後の木造建築物の計画、設計に際して参考になるものであり
公共建築物のみならず、民間企業等においても広く活用され
木材利用の更なる促進につながるとしています。


では、新型コロナウィルスには充分注意してお過ごしください。

ページの先頭へ

お問合せ・資料請求