被災宅地危険度判定の迅速化へ

2019年9月29日

9月最後の日曜日
畑に目をやると、植え付けた白菜・ブロッコリーの苗がすくすく育ち始め
種を蒔いたカブ・ダイコン・ホウレン草・小松菜・玉ねぎ等が芽を出し始めています。
秋は春野菜の育ち方と違い、葉っぱが軟らかく見えます。
これから10月・11月と葉っぱがギュッギュッとしまって行きます。
これからの成長が楽しみです。


ところで、国交省は2019年8月22日、18年9月に発生した北海道胆振東部地震から
1年が経過するのに合わせて、地震により被害を受けた宅地の危険度判定作業を
効率的に実施するための作業指針を作成しました。

地滑りや液状化などによる地盤の危険性を調べる「被災宅地危険度判定」を
迅速化させることで、2次災害の防止や被害状況の確認整理などに役立て
早期復旧につなげるのが、このマニュアルの狙いということです。

今回のマニュアルでは、震度6弱以上の地震が複数の市町村にまたがって
観測された場合は、当該自治体のみでは対応が困難になると想定。
国が判定士派遣を代行するなどして、自治体を支援することを前提に
役割分担などを定めている。

このマニュアルには、地震発生後、直ちに被災宅地数を推計して
必要な判定士の数を算出する計算式を提示。
判定活動を対象地域のどのエリアから着手すべきかを判定する手法なども記載しています。

また、優先的に判定作業を進めるエリアを決めるため、
災害発生から判定実施までの間に、推定される家屋被害や必要な判定士数の
推計を行う事を求めている。

判定は「立ち入りは危険」・「要注意」・「被害程度は小さい」の3段階で評価し、
家屋が住み続けられる状態でも、宅地の危険性が高ければ
避難所などへの移動を呼びかけ、2次災害防止を狙うという事です。

この間の千葉の台風による災害と、いつ襲ってくるかわからない災害に
対応して生活するには、マニュアル作りも大切だと思います。

ページの先頭へ

お問合せ・資料請求