梅雨時期のカビ

2019年6月16日

昨日の雨から一転。
朝から青空が広がり、気分転換になりました。
野菜も キュウリ、ナス、ピーマン、ジャガイモ、タマネギ、アシタバと
少しずつ収穫する種類や量が増えてきました。
あと1ヶ月もすると、雑草との闘いのピークです。

ところで、カビはキノコや酵母と同じ仲間の「真菌」に分類される微生物だそうです。
細菌やウイルスの一種と思われがちだが、全く異なるようです。

カビは本来、土壌中に存在し、植物などに寄生しています。
成長すると胞子を空気中に飛ばし、建材・食品などあらゆるものに付着します。

胞子が着床した後の成長に必要なのは、適度な栄養・酸素・湿度・水分です。
これらが整っていて初めて、カビは成長します。

空気があまり動かないことも、胞子の着床や菌糸の成長に必要な要素です。

カビは、人や動植物の老廃物・建材に含まれる有機物・プラスチック・ほこりなど
あらゆるものを栄養源にするということで、住宅から栄養源を取り除くのは難しくなります。

カビの成長に適した湿度はカビの種類で異なり、
クロカビやススカビは90%以上なのに対し、カワキコウジカビは60~70%、
アオカビやコウジカビは80%程度になり、成長に適した温度も
カビの種類で変わるそうです。

多くのカビは20℃~35℃で成長が進み、湿度と温度が適切な条件だと
早くなるそうです。

梅雨時期の今、カビには充分注意したいものです。


ページの先頭へ

お問合せ・資料請求