和室の用途

2019年4月14日


今年の桜の花は、開花してから雨風に当たらず 気温も上がらなかったせいか、
長い間楽しませてくれました。
これからは少し標高の高い山へ行き、花見登山も楽しみです。
27日からの10連休のうちのどこかで行こうと思って、長期予報を見ながら計画を立てています。


ところで、以前もお話ししましたが、住環境研究所が実施した調査によると
畳離れが進んでいることが分かったそうです。

畳を敷いている和室や畳スペースを設けなかった家の割合は
2010年度の調査では18.8%だったのに対し、2016年度では25.3%と増加。
4人に1人の割合で 畳と無縁の間取りを採用していました。

2010年度から2016年度に入居した「20~40代の単世帯家族」を対象に
間取りの変化などを調べたところ、年代別に和室を設けた割合は
若い世代ほど畳のある間取りを採用していることが明らかになったそうです。

2016年度の調査結果では、和室などを設けた 建て主の割合は
20代が76%で最も高くなり、和室は「客間」としての用途が減った一方で
子育てや家事、趣味などで自由に使える場としての利用が増えて、
特に20~30代の世代では、小さな子供が昼寝をしたり、遊んだりする
場としての需要が高いと分析しています。


確かに、休日は畳の部屋でゴロゴロ、子供と遊ぶのも楽しみですね。

ページの先頭へ

お問合せ・資料請求