長期優良住宅制度手続きのあり方

2018年12月23日

事務所の机回りや倉庫の中を掃除していると
1年間の設計打合せ事項や変更の資料、図面の数々・・・
倉庫には現場からのゴミが山積みになっていて、
年内に全て処理できそうもない状況の中、
出来る限り整理しておきたいと思っています。

ところで、長期優良住宅制度に関心を持つ中小の住宅会社は
申請時期の柔軟化や認定までの期間短縮など、
スケジュールの改善を強く求めていることがわかりました。

国土交通省が2018年11月30日に開いた
「長期優良住宅制度のあり方に関する検討会」の席上で明らかにされました。

調査は、TBN等の会員企業を対象に18年10月に実施したものです。
長期優良住宅に関心を持つ住宅会社610社の回答を集計したものによると
①着工後の申請を可能とするなど、「申請時期の柔軟化」を求める企業が
  全体の60.5%で最多でした。
②次いで、「申請から認定交付までの期間短縮」が59.5%を占めました。
③続いて工事現場で生ずる変更に伴う「認定変更申請手続きの簡素化」が
  48.5%という結果でした。

私も、10年前から長期優良住宅に取り組んできました。
この10年間を思いますと
①・②・③が全て当てはまります。

建築確認申請を出してから長期優良住宅の技術的審査が認定され
長期の認定を申請するまでの間、工事は着工できません。
1ヶ月~1ヶ月半の期間を短縮するために、私も色々とやってきましたが
省エネでも、耐震でも、もう少しスムーズにいくように
行政にも相談して行きたいと思います。


良いお年を迎えられますよう
心からお祈り申し上げます。

また来年も宜しくお願い致します。

ページの先頭へ

お問合せ・資料請求