透湿防水シートと雨水

2018年7月29日

昨日は台風の進路が少しズレたのか、
思ったより風雨が強くなくて助かりました。

台風の時の準備として、足場のシート、資材の片付、看板の取り外し等
気を付けなければならないことが有ります。
そして、過ぎ去った後の整理も一仕事です。

今年はまだ7月、あと何度台風が来るのか気になるところです。


ところで、建築中の住宅で、
透湿防水シートを留め付ける胴縁の釘やタッカーの穴から
雨水が侵入することは、それほど珍しい事象ではありません。

透湿防水シートを留め付ける際に使用する釘やタッカーは
シートを貫通するので物理的に穴が開きます。
穴のサイズはかなり小さく、水の侵入経路としてどの程度配慮すべきか悩ましい。

胴縁を留め付ける釘穴から、どの程度水が室内に侵入するのか?

この疑問を、透湿防水シートメーカーの旭デュポンに問い合わせたところ
簡易な形式で実験を行ったそうです。

実験の結果、合板に水が浸入した形跡はなかったと担当者は説明。

何故水が浸入しなかったのか?

雨水などが透湿防水シートを超えて室内側に侵入するためには
いくつかの条件が必要になるからだと説明。

壁に水が付着した場合、
小さな穴に入るより重力で下へ流れ落ちる量が多く
湿気となって通気層に侵入したとしても、上部から排出されれば
釘穴からは侵入しない。

仮に水分が滞留する状態になっていたとしても
室内側に引き込む力が発生しなければ、小さな穴からは侵入できないというわけです。

建築中の場合も同様。
透湿防水シートに雨が掛かったとしても、
水が浸入する条件が整わない限り
悪影響を及ぼすほどのトラブルには至らないと考えられているということです。

ページの先頭へ

お問合せ・資料請求