住宅の省エネ化

2018年6月17日

梅雨空で午前中は少し肌寒さを感じました。
今日は一日中家の回りと畑の草取りに時間を費やしました。
体を動かしていても汗もかかず、草取りと畑作業は3時頃終わり一段落。
それにしても、雑草の逞しさには驚き!!
毎年6月からは特に雑草との戦いに終始してしまいます。

ところで
住宅の省エネで家庭部門のエネルギー消費量削減を目指すZEH

石油や石炭、天然ガスといった「化石燃料」を燃やし
大量のCO2を排出することにより進行してきた地球温暖化。

20世紀の100年間で地球の平均気温は0.6℃上昇し
このままのペースで温暖化が進むと
100年後に地球の平均気温は現在より4℃も上がると言われています。

1973年の一次オイルショック以降、日本のエネルギー消費量は約1.2倍に増加。
このうち住宅を含む家庭部門に限ると、約1.9倍となっていて
他部門と比べても伸び率が大きく、早急に削減への対策が求められています。

対策の柱となるのが ネット・ゼロ・エネルギーハウス(ZEH) をはじめとする
住宅の省エネ化です。

政府は2020年までに注文住宅の過半数をZEHに、
2030年までにZEHが新築住宅の標準となることを目標に掲げ
2016年から民間事業者による普及推進のため、ZEHビルダー登録制度をスタート。

経済産業省のZEH支援事業補助金申請には、登録が必須であることから
急速に登録が進み、2018年4月末時点で、6,465社が登録。
支援事業の補助金交付を受けた住宅も、昨年末時点で7,693戸に上ったようです。

今年度は取り組みを強化するため、経済産業省・環境省・国交省の3省が連携し
ZEH導入のための支援を行う事になりました。

各省は
「将来のさらなる普及に向けて供給を推進すべきZEH」(経済産業省)
「引き続き供給を推進すべきZEH」(環境省)
「中小工務店が連携して建築するZEH」(国交省)
を担当するようです。

さらに高度な省エネを達成する区分「ZEH+」が登場しています。

今後の動向が気になります。

ページの先頭へ

お問合せ・資料請求