梅雨対策の準備

2018年5月19日


すっかり緑も濃くなり、初夏になりました
先週の土曜日の結婚式があり、始めて娘を送り出す父親の心情・・・
何となく心のどこかに風穴があいたような一週間を過ごしました

さて、本格的な梅雨入りを前に
室内のカビ対策を考えておられる方も多いと思います

クローゼットや靴箱は浴室のように水を使うわけではないがカビの温床になりやすい
扉を閉じている時間が長く、湿気が籠りやすい
おそうじ本舗の技術アドバイザー尾崎真さんは
「来客時以外は出来るだけ扉を開けて」とアドバイスする
時々、扇風機の風を中に向けて入れ、換気すること
除湿モードでエアコンをかけることが有効と説明します

収納環境プランナーの スハラヒロコさんは
「収納は八分目を心がけて。まずは、収納量を減らす整理から初めて欲しい」
物を隙間なく詰め込むと通気性が悪くなり湿気を含んだ空気が滞留する
物同士の間隔を少し開けて空気の通り道を作ります

「ハンガーに吊るした服は片手でスッと取れる間隔」が目安になるということです
衣類や靴などを引っ越し時の段ボールの中に詰めたまま
クローゼットに仕舞い込んでいないか
今一度、確認しましょう

「紙製の段ボールは湿気を吸いやすいので要注意」
靴を購入時の箱の中で保管するのも同じ理由でNGです
収納にはなるべく不織布製の袋やカバーを使います
特に大切な革靴や革鞄には不織布製の袋をお勧めです

革の主成分がタンパク質で、カビの餌食になりやすく
久しぶりに使おうと取り出してみたらカビだらけ、となっては残念です

これからの梅雨対策、続けられる方法で梅雨を乗り切りたいものです

ページの先頭へ

お問合せ・資料請求