地震発生確率値

2018年4月17日

朝から肌寒い1日でした。

熊本地震の本震から昨日で2年

熊本城の敷地内にある加藤神社では、
境内に並べられた約1千本のろうそくに火をともす
追悼の催し「祈りのあかり」が開かれ、
ともしびに照らされた被災者らはライトアップされた熊本城を前に
ふるさと熊本の復興を改めて誓ったということです

さて、政府の地震調査委員会は
長期評価による地震発生確率値を発表しました。
2018年1月1日を基準日として算定し直したもので
2017年1月1日時点で算定した前回の評価と比べると
海溝型地震の発生確率の上昇が目立ったということです。

南海トラフでは、マグニチュード8~9クラスの地震が
30年以内に発生する確率が「70~80%」に引き上げられました。
前年の評価では70%程度でした。

茨城県沖では、M6.7~7.2の地震発生確率が20年以内に「80~90%」となり
前年の評価では、80%程度でした。

地震発生確率値は、歴史的な資料や調査研究などから分かった
過去の地震活動記録を統計的に処理して、
「今後ある一定期間内に地震が発生する可能性」を
確率で表現したものだそうです。
算定基準日を設定し、1年をめどに更新しています。

想定した次の地震が起こらない限り、
年数経過とともに、地震発生確率は増加するという事です。

やはり、地震の恐ろしさを絶対忘れずに
地震に対して対応できるようにしておきたいものです。

ページの先頭へ

お問合せ・資料請求