家電製品による火災

2018年3月4日

家の回りに目を向けると、スミレの花、梅の花が咲き誇り
シイタケが大きいのから小さいのまで、顔を出し始めています。
3月の1週目の日曜日なのに
1・2週間前とは雲泥の差です。
今日は気温も20℃まで上がる様子で、
本当の春を感じる事が出来そうで、元気が出てきます。

ところで、
エアコンや食洗機などの家電製品に起因する火災が相次いでいるそうです。
製造メーカーは、リコールに踏み切るなど対応に追われています。

例えば、三菱重工業は1月11日、
同社が製造したエアコンが発火する可能性があると発表。
約88万台のリコールを同日に開始しました。
2017年7月上旬に静岡県吉田町の住宅で発生した、
エアコン内部の異常が原因とみられる火災を受けての対応です。
同社が静岡市消防局と連携して調査したところ
室内送風用ファンモーターのリード線接続部から
発火に至る恐れがあると判明したということです。

また、TOTOは食洗機が原因と疑われる火災が
17年12月27日に千葉県内で起こったことを1月16日に発表しました。
TOTOがかねてからリコールを進めていた製品だったそうで
食洗機の電源コネクター部の接触不良によって異常発熱し
発煙、焼損した可能性があるとみているということです。
TOTOは2000年から2005年に製造した食洗機の一部、
約12万5000台を対象に、2008年からリコールを実施して
対象品のうち、修理を終えたものは69.9%ということです。

このように家電製品にも、隠れた火災の危険があることを
知っておきたいものです。

ページの先頭へ

お問合せ・資料請求