災害時の住宅対策

2018年1月28日

今日も朝から寒い!!
それでも、朝のテレビ体操をしていると、自然に体が温まってくるのを感じます。
特に冬は、朝のうちに体をほぐしておくと一日中体が軽く動ける感じがします。
足のケガをした時のリハビリのつもりで始めたのがきっかけです。
一年近くになりますが、調子もいいので、これからも続けていくつもりです。

ところで、
今日、東神奈川の建設プラザに行き
全木協神奈川県協会「まちの救助隊」第2回全県研修会に初参加してきました。

1.県内で想定される地震災害と住宅被害
2.災害時の住宅対策(関係団体との連携による体制整備)
3.災害救助法の概要
4.住宅に関する救助の種類と条件(応急仮設住宅、応急修理、障害物の除去)
5.県の取り組み

以上の1~5の概要を確認してきました。

その中で、県と全木協の
「災害時における、木造応急仮設住宅の建設等に関する協定書」
においての協定の仕組みとして

a.災害が発生し、災害救助法が適用される
     ↓
b.県(市町村)から全木協に協力要請
     ↓
c.全木協は会員の住宅建設業者をあっせん
     ↓
d.住宅建設業者は次の協力を行う
  ①応急仮設住宅の建設
  ②住宅の応急修理、障害物の除去
     ↓
e.県・国は、住宅建設業者に費用を支払う


協力内容として
  ①応急仮設住宅の建設
  ②住宅の応急修理、障害物の除去
があります。

備えあれば憂いなしです。

常に災害に対する気構えを持ち、準備していきたいものです。

ページの先頭へ

お問合せ・資料請求