結露

2018年1月21日

先週の日曜日の14日、恒例のどんど焼きで
だんごを家族の人数分焼いて帰りました。
だんごを焼きながら思ったのは、町内の人の顔ぶれが変わったことです。
こちらに住んでから25年になりますが、月日の流れを感じます。

そんなことで、今日は長い間の住宅の問題点として、結露を取り上げてみます。

「雨水の侵入を防止する部分」の不具合は、瑕疵保険の対象になりますが
結露での水の問題は対象外です。

これは、住宅瑕疵保険会社全ての共通ルールになっています。

一般住宅において、外装材の主流はサイディング材となり
外壁通気工法が普及して20年程になり、気になる部分です。

空気の出口がない小屋裏空間で結露が生じたという研究結果を見ると
やはりと思います。

長期的に見れば、部材が結露水で濡れれば劣化が進む可能性があります。

建物を設計する段階で、結露の発生メカニズムを理解したうえで
施工することが重要です。

改修工事で、屋根や軒天に換気口を設置するのは
施工場所によっては大工事になる事もあり、
新築時点での対策は欠かせません。

結露に限らず、雨仕舞いの肝心な部分においては、
何度も点検をして、足場のあるうちに雨降りの時等の状況も
確認しておくことが大切です。

やはり建物は基本的に、長期的に見ても、安全・安心が一番です!

ページの先頭へ

お問合せ・資料請求