火災保険

2017年12月24日

静かな日曜日です。
午前中はお客様との契約を無事終え一段落!
これから頑張りどころです。
午後の一時をのんびり、あれやこれや、本を読みながら過ごすのも
楽しい時間です。

ところで、
冬の季節、火災の発生に気を付けたいものです。
そこで、火災保険について書いてみます。

火災が発生した一住戸だけで鎮火できた場合は、
火災が発生した住戸に付けられている火災保険の「火災による損害」で
その住戸の損害については、補償が受けられます。

複雑なのは、火元の建物の火災により、
近隣の建物等へ損害が出た場合の「類焼」です。

「類焼」に関係する「失火法」とは
「失火者に重大な過失がない限り、失火については法律上の損害賠償責任を負わない」
ことを定めています。

逆にいうと、失火者に重大な過失が認められると、損害賠償責任を負う場合があります。
例えば、失火者に法律上の損害賠償責任が発生しないケースにおいて、
失火者が「類焼損害特約」を契約していると、
建物や収容家財に類焼被害を受けた隣家の人自身が、
隣家の自宅や収容家財に火災保険をかけていなかった場合の損害額や
被害を受けた方の契約した火災保険金額が損害額より少なかった場合の差額が
補償されることがあります。

失火者に重大な過失があり、法律上の損害賠償責任が発生するケースでは
失火者は「個人賠償特約」を契約していれば
その賠償費用が補償されることがあります。

注)特約名称や補償内容は保険会社により異なります。
特約補償は基本補償とは異なり、追加オプションとしてセットする必要があります。
詳細はご加入の保険会社へご確認下さい。

空気が乾燥する冬は、火災が発生しやすく、防火への意識が高まる季節です。
「火災への備え」を特に大切にしたい季節です。

それでは、良いお年をお迎えください!!

ページの先頭へ

お問合せ・資料請求