雨漏れを防ぐ 防水工事

2017年10月30日

先週の台風21号・今回の22号と続いた台風。
10月の終わりになって、毎週のような台風来襲・・・
休日は季節の紅葉を見に行くことも出来ません。

家の近くで安全に過ごすのが得策かもしれませんネ


ところで、
台風といえば、雨漏れ事故がつきものです。

多いのが、バルコニーやパラペット回りの雨漏りです。

バルコニー等の床の防水層の破断は、雨水侵入に直結します。

それを防ぐには、防水層の破断メカニズムを知ることが重要なポイントになります。

例えば、FRP防水の工法は、防水層を下地に完全に密着させる「密着工法」と、
防水層を下地に密着させない「絶縁工法」に大別されます。

密着工法は、短工期・低コストであるうえに重歩行も可能だが、
下地に含まれる水分の影響を受けやすい。

絶縁工法は、下地の影響を受けにくい反面、
強度は密着工法よりも小さく、重歩行に耐えられない。

一般にFRP防水層が突破されて雨水が侵入する場合には
1)防水層の防水性能に問題があった
2)防水層の強度が不足していた
3)防水層の下地に問題があった
以上の3つの原因が考えられます。

何が原因なのかは、防水層を剥がしてみないと分かりません。

FRP防水のポイントとして
防水層のひび割れを防ぐには、下地木材の不陸をならし
防水層に加わる力を減らすことが重要です。

防水工事の用途に応じ、長所・短所を理解して施工することが大切な事です。

今後も雨漏れ対策には、特に万全を期して行きたいと思います。

ページの先頭へ

お問合せ・資料請求