家に潜む高齢者への危険

2017年10月22日


衆議院選挙と台風21号が重なって大変な一日になりました
大雨のときは大方事務所で雑用を片付けながら休み明けの予定を組み立てます
台風が通過した後は秋空が期待できそうです
ただ、この台風で紅葉がダメにならないといいですね

ところで、高齢者には住宅内のあらゆる場所が危険だということが
東京都の調査で浮き彫りになりました
調査によると事故や「ヒヤリ」・「ハッと」の経験があると回答した人は3000人のうち1808人と60.3%に達し
このうち、1214人については具体的な事故などに及んでいました

事故や「ヒヤリ」・「ハッと」が発生した場所として最も多かったのは
「リビング居間」の34.2%、これに「自宅の玄関、階段、廊下」が33.4%で次いでいます
「台所、ダイニング」は30.5%、「風呂、脱衣所、洗面所、トイレ」は29.9%です
なかでも転倒が事故や「ヒヤリ」・「ハッと」の理由の大半を占めていたそうです

「台所、ダイニング」以外の全ての場所で転倒は事故や「ヒヤリ」・「ハッと」を招いた最多の事例となっています

転倒は「階段を降りる時に最後の1段を踏み外し尻もちをついて腰を痛めた」
といった大きな段差を原因としたケースだけではなく
「リビングに敷いたカーペットにつまづいて転んで手首を骨折」
「電気カーペットのコードに足を引っ掛けて転倒した」といったわずかな段差でも事故を招いています

ほかの場所に比べて転倒の割合が少なかった「台所、ダイニング」での
事故や「ヒヤリ」・「ハッと」事例では、ガスレンジなどの調理器具による
「火傷」の割合が最も多く、火の「消し忘れ」がこれに続いたようです
火傷は、台所以外にも「リビング、居間」や「寝室、ベッド、寝具など」でも起きていて
アンカを付けたまま寝て、低温火傷に至った事例や背中に入れていた
湯たんぽが破れて背中を熱湯で火傷した事例が明らかになっています

これから寒い冬が近づいてきます
家の中での危険な場所を少しでも整理して安全にくらしたいものです


ページの先頭へ

お問合せ・資料請求