大地震でも修復して住み続けられる住宅

2017年9月4日


昨日の日曜日、日帰りで上高地に行ってきました。
20年振りに近くで見る梓川、大正池、河童橋、明神池、徳沢、帝国ホテルは
とても懐かしく感じられました。

天気もまあまあで、6時間程歩いても、汗ばむ程度で済む涼しさでした。
山の頂を見ながら、来年は再度 槍・穂高の頂上にと・・・
思いを馳せて帰路につきました。

IMG_0714_R.JPG

ところで、
これから「大地震でも修復して住み続けられる」ために
新築で目指すべき耐震性の目標として、
性能表示制度の「耐震等級3」が一つの目安になってきます。

「等級3」の住宅は、過去の振動台実験でも、
阪神淡路大震災で観測された、震度6強で倒壊しませんでした。
また、今回、観測史上最大級の揺れを観測した熊本地震でも
「等級3」で倒壊した住宅は一つも無かったとされています。

その耐震性は実証済みです。

幸い木造住宅は他の鉄筋コンクリート造や、鉄骨造と比べて
耐震性の強化は、それ程難しくなく施工可能です。

例えば、耐力壁に構造用合板を使う仕様であれば
9㎜厚構造用合板の釘間隔を現在の150㎜から75㎜に打ち増して
水平線断力が約1.8倍程度に向上することが分かっています。

この事を考えたら、多少のコストを追加して
「地震が来ても修復すれば使い続けられる住宅」を十分実現できます。

私も現実に取り組み、等級3にこだわり続け、7年程になります。
今後これに制震性能をプラスする予定です

現状では、公的に「等級3」が認められないとしても
実質的に性能を高め、余力を確保する事はできます。
基準法ギリギリではなく、余力を持って、耐力要素を入れることが
結果的に、将来の地震時の被害を小さくすることに繋がり
将来的に、安心・安全に住み続けられます。

また、この頃は北朝鮮のミサイルや核実験も頻繁にあるせいか
核シェルターのことを、お客様から問い合わせもあるので
そちらも調べています。

ページの先頭へ

お問合せ・資料請求