台風に備える

2017年8月28日


今日は涼しさを感じた朝でした。
暑さが戻って来るとは思いますが・・・
台風の襲来に備え、対策を講じておきたいものです。

1)日頃からの注意として
 a)屋根瓦にズレたり浮いたところが無いか点検する
 b)雨どいに、木の葉や泥などが詰っていないか点検する
 c)雨どいの接合部が外れていないか、また、金具の緩みを点検する
 d)排水溝は雨水が速やかに流れるか点検する
 e)雨戸のがたつきがないか点検する
 f)トランジスターラジオ、懐中電灯、非常食、水などの備えは大丈夫か確認する
 g)TVアンテナはしっかり固定されているか点検する

2)台風の来襲時には
 a)強風下で不用意にドアを開けないようにします (ドアが飛ばされたりする)
 b)窓ガラスが割れたら、合板等を窓枠にガムテープで固定する
 c)万が一の雨漏りに備え、タオル、雑布を用意する
   雨漏りは、その時に場所と風向きを覚えておくと、後で修理箇所を見付けやすくなる

3)台風が去ったら
 a)風通しを良くして、濡れた箇所や物を早めに乾かします
 b)屋根、外壁などの損傷を点検します
 c)雨どい、排水経路にものが詰ったりして支障が出ていないか点検します
 d)床下に浸水した場合は、消毒が必要です
 e)床上浸水したら、各室、各部分を清掃・乾燥させます

4)洪水注意報が出た場合
 床下収納庫の中身を出しておく
 浄化槽のモーターなど、水をかぶりそうな配線は電源を切ります
 浸水時は水道が使えなくなることもあるので、飲料水の確保をします

台風についての対策としては、もっとたくさんあると思いますが
『備えあれば憂い無し』
注意しておきたいものです。

ページの先頭へ

お問合せ・資料請求