火災警報器

2017年8月15日


夏休みなのに連日の雨でうんざりします
今日、計画していた登山も中止してお墓参りに変更したり
野菜づくりの本を見たりしてお盆休みを過ごしました
天気予報だとあと一週間程この天気が続きそうで日照不足が心配です

ところで、2006年に消防法が改正され新築、既存住宅を問わず
全ての住宅に火災警報器の設置が義務付けられました
電池式が大半でその電池が寿命を迎え始めています

火災警報器設置のピークは2008年で
電池切れがこれから一気に増えて、その数2240万台になるそうです

NHKが行った調査によると火災警報器が設置されていても電池が切れるなどして
適切に作動せずに発生した火災は、過去5年間で600件余りに上ると言います
電池切れや故障の際はアラームが知らせてくれるが
お客様にはこの音が何の音なのか分からないそうで、実際消防署へは
「警報器から音が鳴っている」との問い合わせが増えているという

適切に機能させるには維持管理が不可欠です
電池寿命を迎える今、パナソニックなどのメーカーも電池交換や機器交換を呼びかけています
私も今年の6月に火災警報器の点検を完了しました
火災などの人災は防げるので、対策を講じておきたいものです

ページの先頭へ

お問合せ・資料請求