宅配ボックス

2017年6月25日


梅雨空の下、アジサイが鮮やかでしっとりした風情が感じられます

ところで、戸建の宅配ボックスが注目されています
きっかけは宅配事業者の大手、ヤマト運輸に関する報道です

今年2月、ヤマト運輸の労働組合が春闘で会社に対し
再配達などの宅配サービスの見直しを求めていることが報じられました
再配達の削減に対する課題はヤマト運輸にとどまらず、ほかの事業者にも波及
多くの人から注目される社会問題として広がりました

パナソニックは福井県あわら市で共働き106世帯を対象に
戸建て向け宅配ボックスの設置が再配達の削減にどの程度効果を上げるか調べました
結果は設置前後における再配達率が49%から8%へと激減したそうです

再配達削減に高い効果を期待できることが分かったそうです
今後、宅配ボックスを取り付けるのが標準になりそうな気配です
宅配ボックスには機械式と電気式の2つのタイプがあり
戸建て向け宅配ボックスは機械式の製品が主流で
マンションは主に電気式が主流になっていて、ネットワーク接続を活用した
通知機能等があるのが特徴です

今後は戸建て向けでも機械式に限らず
多様なタイプの製品が出てくると思われます
なんと言っても宅配ボックスは安全性がカギになり
今後の新製品にも注目していきたいと思います
(一部日経ホームビルダーより)

ページの先頭へ

お問合せ・資料請求