地震ハザードステーション

2017年5月27日


5月も残すところ、あと数日です
天気もいいしドライブがてら食事にでもでかけたい気分の週末!
今日、明日は現場見学会でお客様の来場をお待ちしていました
今では来場されたお客様との談笑も楽しみの一つになっています

ところで、日本には約2000の活断層があるとされていますが
この「全国地震動予測地図」では、主な活断層の地震発生確率もまとめられています

1995年神戸地震は六甲、淡路島断層帯の一部が活動して発生したもので
昨年4月に発生した熊本地震の本震は布田川断層帯が引き起こしたとされています
暮らしの身近にあつ活断層について注意を払う必要があります

地震調査委員会の平田直氏は
「太平洋沿いでは発生確率は少しずつ増加している。
日本国内では、どこでも強い揺れに見舞われる可能性がある。」と注意を呼びかけました

「全国地震動予測地図2017年版」は、防災科学技術研究所が運用するウェブサイト
「地震ハザードステーション」において約250m四方単位で閲覧することが可能だということです
見る価値は絶対にあります。
(地震ハザードステーション URL http://www.j-shis.bosai.go.jp/ )

備えあれば憂いなし
何かありましたら、何でもお申し付けください!

ページの先頭へ

お問合せ・資料請求