耐久性向上リフォームも対象に!

2017年4月16日


桜の花も散り、新緑の季節になりました
気温も上がり、そよ風が吹き顔に当たると一段とさわやかさを感じます
今日は天気も良く温かいので5月の連休に植え付けをするために畑の耕しをする予定です

ところで、3月27日に税制改正法案と2017年度予算が成立しました
その中で、2017年より長期優良住宅化リフォーム等の促進に向けた
既存住宅のリフォームに係る特例措置として
長期優良住宅化リフォームの減税が創設されました

耐震リフォームや省エネリフォームに加え耐久性向上リフォーム(小屋裏換気口の設置や
配水管を更新しやすい位置に移動する)などを行うことにより
既存住宅の長期優良住宅の認定を受けた場合
所得税や固定資産税についても控除を受けることが出来ます

自己資金でリフォームを行った場合、最大で50万円
(太陽光発電を設置した場合60万円)
ローンを利用した場合は年間最大12万5000円を5年間で最大62万5000円が税額控除されます
固定資産税については工事翌年度分を対象に2/3が1年間減額されます

新たに長期優良住宅化リフォームの項目が加わったことで
これまで耐震と省エネのリフォームのみが対象だったものが
耐久性向上リフォームも減税の対象となり減税効果をより受けやすくなりました

私も自宅のリフォーム計画を少しずつ進めていますが
予算との兼ね合いで悩んでいるところです・・・

ページの先頭へ

お問合せ・資料請求