週末、セミナーに行きました

2017年2月5日


昨日は群馬県の桐生市へお客様と一緒に「住育の家」を見に、
そして、今日は東京ビッグサイトへ住まいの耐震博覧会に行ってきました

博覧会の「建築とエネルギー、その望ましい未来」のブースでは
「幼児から高齢者まで健康に過ごせる暖かな木の住まい」のセミナーを聞いてきました
セミナーの講師が長い年月をかけて室内気候等のデータを集めたものを丁寧に説明していただきました
実際に住宅の設計、施工をしている私にとっても、分かりやすく身近に感じたものばかりで
昨日、今日の二日間は今後の家づくりに役立つものでした

その中で一つ紹介すると幼稚園の建築で
鉄筋コンクリート造の床に直接フローリングを貼った建物と
木造の床に無垢のフローリングを貼った建物の冬の床の温度を比べると
5度程、木造の無垢のフローリングで貼った方が温かく
園児の活動が活発だったという結果が出たということです

また、冬の室温は20度程度が良く
床の温度、床から10cm上の温度、床から1mの温度、床から1.5mの温度差が
極力少なくすることが理想的で、健康に良いという事でした

春夏秋冬、快適な家造りをいつも心がけて取り組んでいますが
常に新しい事にも耳を傾けていきたいと思います

ページの先頭へ

お問合せ・資料請求