住宅ストック循環支援事業

2016年10月29日


昨日の冷たい雨も朝には上がりました
天気は曇りで今一つでしたが体を動かすには暑くもなく寒くも無くいい感じで過ごせました
もうすぐ11月で寒さ対策をと思っています

さて、今年度2次補正予算で措置された「住宅ストック循環支援事業」の
説明会が先週の10月18日に始まりました

同事業は既存住宅を市場で循環させる仕組みをつくるのが狙いだそうです
省エネ改修やエコ住宅の新築など以前行われていた「住宅エコポイント」とも
似ていますが、併せて耐震性能が低い住宅の更新も進める事業を対象に加えるなど
本格的な住宅ストックの循環型市場へと転換をはかる国の方針が色濃い事業になっています

リフォームは耐震性が必須になり
断熱改修や省エネ設備導入など、工事内容により5万円~30万円の補助が受けられ
特に耐震改修については30万円の上限とは別に15万円の加算があります

また、新築に対する補助も盛り込まれていますが
対象になるのは耐震性が不足している住宅を除去し
代わりにエコ住宅を新築する場合のみです

補助額は住宅の性能に応じて30万円~50万になります
弊社も11月に入り次第事業者登録をする予定です

ページの先頭へ

お問合せ・資料請求