台風の爪痕

2016年8月28日


台風10号が接近していて30日頃に上陸予定だそうです
大災害が発生しなければと思っています

台風というと、仕事柄・・・屋根、雨とい、カーポート、雨漏れ等の修理の連絡があります
先日の台風では築50年近い家の屋根の頂上の鉄板が吹き飛ばされ
大至急修理をして欲しいとの連絡や
今まで雨漏りがなかったのに外壁の塗装をして間もないのに
室内に雨が入ってきたので見て欲しい.........の2件でした

前者のお客様は昨年、屋根の塗装と雨どいの交換リフォームをしたお客様で
おばあちゃん1人住まいの家です
行ってみると屋根頂上の鉄板が近くにあり再利用出来る状態です
さっそく翌日、屋根屋さんに同行してもらい下地の木が腐っているのを交換し
鉄板を再取り付けして、台風が来ても大丈夫なようにしておき
台風が過ぎ去ったら塗装をする予定にしておきました

後者の方は安い塗装屋さんでお願いして塗装をしたばかりなのにっというお話で現場へ行ってみると
1階の出窓の部分の室内に雨が漏ったあとがありました
雨漏りの原因として様々な事が考えられましたが
絶対にこの部分から漏れていると断定することは出来ませんでした
後日、職人と2人で修理にお伺いするということで帰ってきました

雨漏れというと一番困るのは見積もりをしてくださいっという事です
原因が分かれば簡単なのですが、原因が分からない見積もりは・・・実際無理なので、概算になります

幸いにも、今回の台風での雨漏れは自社施工の物件では連絡がありませんでした
しかし、今度の台風10号ではどうなるか油断はできません

ページの先頭へ

お問合せ・資料請求