耐震への興味

2016年7月10日


少しずつ真夏が近づいています
今年も登山、水泳、そしてビールで暑い夏を乗り切りたいと思っています

ところで、4月に発生した熊本地震は旧耐震基準住宅の耐震不足を心配する所有者ばかりか
築年数の浅い住宅所有者の意識にも影響を与え、耐震改修への関心を高めたことがわかったそうです

ただ、実際にはなかなか工事に踏み切れない実態も明らかになりました
踏み切れない理由では
「効果が見えにくい」、「予算がない」、「工事が煩わしい」、といった工事に関する直接的な
不満とともに「住宅支援制度への不満」や「リフォーム業者への不信」など
業界が抱える構造的な問題に対する不満の声もあるようです

親建ハウジングの調査によると
「現在住んでいる住宅への不満」について聞いたところ
基本性能では「断熱性」の不満が最も高く「省エネ性」「耐震性」がこれに次ぎ
このうち住宅の耐震性に関する不満率は「1980年以前築」が35%と高く
「1981年以降築」21.3%、「2001年以降築」が11.1%となったようです

熊本地震後になって耐震改修に関心をもった人の割合が22.2%と
熊本地震が耐震改修検討の動機つけとなっているようです

日本中、あちことで微震が報じられています
出来るだけの対策を講じたいものです

ページの先頭へ

お問合せ・資料請求