建築業者から3つの報告

2016年5月21日


今日は朝から晴れて気持ち良く過ごすことができました

ところで熊本地震について建築業者から3つの報告をお伝えします

①益城町内に建てた耐震等級3で設計施工した住宅3棟はいづれも建物の内外壁にクラックは
 入ったものの損壊はしなく無事。前震の前日に上棟した現場も無事だったということです

②益城町で耐震等級3の新築住宅100棟、長期優良住宅化リフォーム及び耐震改修60棟の
 いずれも軽微な被害で済んだそうです

③熊本県内に約130棟の実績がある業者さんは西村村に建つ1棟が地盤崩壊の影響を受けたが
 ほかのほとんどは瓦がずれたりクロスにしわが生じたりする程度で済んだそうです
 尚、新築住宅の耐震等級は2~3を標準としています

①②③のことから考えると地盤の崩壊以外では耐震等級2・3の住宅は破壊されなかったという結果です

私も熊本地震の結果を受け、今後、建築の設計施工に一層力を入れて取り組んでいきたいと思っております

ページの先頭へ

お問合せ・資料請求