高性能な設備の導入

2016年5月18日


昨日の雨降りとはうって変わり風が心地よく気持ちよく過ごせた一日
現場の方も順調に進行しています

ところで、ZEHを実現するには建物の断熱性能と合わせて
高性能な設備の導入が求められます
住宅に採用する設備は
①高効率な設備→省エネ
②自宅でエネルギーをつくる設備→創エネ
③エネルギーを貯める設備→蓄エネ
以上の3つの分野に分けられます

①②③を性能で選ぶ際のポイントを紹介しますと

1つ目は家電分野の機器の効率を上げるために設けられている
「家電トップランナー制度」では住宅に関わる分野でもエアコンやヒートポンプ、温水器、
電気便座などに目標年限と目標レベルが設定されていて
これを目安に選ぶことも出来ます

2つ目は「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス支援事業」と
「住宅省エネ リノベーション促進事業補助金」で設備の要件について規定しています

3つ目はライフスタイルに密接に関係するので世帯ごとに異なり
単純に機器の効率だけでは決められません

安い深夜電力を想定して低ランニングコストをうたっている製品でも深夜帯以外によく使う場合には
それほどランニングコストの抑制につながらないケースもあり実際の設備選びの際には
機器の性能だけでなく暮らし方を加味した判断が必要になります

ページの先頭へ

お問合せ・資料請求