耐震化の重要性

2016年4月17日


熊本を中心に14日の夜の地震から連日震度5~6強の地震が相次いで発生しています
状況をテレビで見ていると地震の恐ろしさを再認識します
早期に被災者の方々の救助と支援がすすむことを願います

さて、現在、住宅のストック(既築建物)は約5000万戸のうち
耐震性のない住宅は約1000万戸が現存していますが
これらは旧耐震基準時代に建てられた住宅の7割近くを占めています

耐震化の推進による建物被害の軽減の効果をみますと
首都直下地震で耐震化率90%にすると全壊棟数と死者数が約5割減になり
耐震化率を100%にすると全壊棟数と死者数が約9割減らすことが出来る見込みです

すなわち、耐震性のない住宅に住んでいる方が耐震性のある家に建て替える
ないしは、耐震リフォームするだけで約1万人もの方の命が失われずにすみます

住宅の耐震化へ向けては、これまでも国土交通省が様々な施策を進めてきました
平成17年には平成27年に耐震率90%を目標に掲げましたが
実際にはこの目標に遠く及ばないのが実情です

私も仕事を通して、常に人の命、あるいは災害に耐えうる建物を
新築あるいは耐震補強工事をしていきたいと思います

ページの先頭へ

お問合せ・資料請求