自宅避難の勧め

2016年3月21日

昨日はお彼岸で日中、家族でお墓参りに出掛けました
車窓から見える街路樹も新芽を出し始めました

ところで、大きな災害が発生した後は、避難勧告などがない限り
住み慣れた自宅内で生活することが勧められるようになりました
その際に不可欠となる「自助」の力をつけておくことです
それで、初めて他の方を助けられたり公的支援を待つゆとりが生まれたりします

水道、ガス、電気といったライフラインが止まったとき
最低限何が必要かを考えご家族で備えておきたいものです
①非常用トイレセット ②非常食セット ③防災ボックス ④ウォータータンク 等たくさんあります

私は自宅に井戸があるので発電気を使って作動できるようにと思っています
5月の連休にでも作動の確認をしておきたいと思っています

ページの先頭へ

お問合せ・資料請求