防災グッズの手作り術

2016年3月11日


東日本大震災の発生から今日で丸5年
新聞・TV・ラジオから1日中、復興から成長、正念場という話でいっぱいでした
改めて亡くなられた方々のご冥福をお祈りします
まだまだ復旧までは時間がかかりそうですが
少しづつ元気になって復旧・復興まで頑張って欲しいと願うばかりです

ところで、防災グッズの備えは万全でしょうか?
家族で再確認する際に最適な防災グッズの手作り術を
備え・防災アドバイザーの高荷智也さんに教えて頂きました

防災グッズ選びの基本として
ただ備えるのではなく何のために備えるのかを考えることが大切!
例えばスリッパが必要なのは・・・足を汚さない為?危険物があるから?
必要な光源(明かり)は?・・・足を汚さない為?危険物があるから?

何のためにかが、分かれば本当に必要な備えをコンパクトにまとめることが可能です

防災グッズの手作り術は緊急時に日用品で簡易的な対処を可能にするだけでなく
常日頃から防災グッズに必要な機能を理解するためにも有効です

一例を紹介します
「懐中電灯にチョイ足しランタン」
懐中電灯を上部に向け、ペットボトルなどを乗せるだけ
「5秒で出来る簡易水タンク」
段ボール1箱。ビニール袋2枚。これだけあれば水タンクの出来上がり
運搬用の台車やキャリーがあると便利ですし、ビニール袋は何枚か重ねた方が安全です

ページの先頭へ

お問合せ・資料請求