備えあれば憂いなし

2016年2月15日


昨日の春一番が過ぎて一安心していたら急に寒さが戻ってきました
今日の夕方は冷たい雨が降りだしました

ところで、あと少しで東日本大震災から5年になります

災害時には避難所での生活が余儀なくされる場合があります
しかし最近では「危険が及ばない限りは自宅で生活」と防災に対する考え方が変わってきています
プライバシーも守られ住みなれた家で生活することは心身にもプラスです

そのため、電気、水道、ガスといったライフラインが止まった時でも生活できるように備えておきたいものです
しかし普段はどこに何があるかあまり意識することがありません
そこで、いざという時は家族の誰もが分かるように保管場所を決めて
一箇所にまとめて収納することをお勧めします
分散すると取り出しに時間がかかったり準備していなかったなどということも起こり得ます

「備えあれば憂いなし」の一言につきます

ページの先頭へ

お問合せ・資料請求