肌の健康は運動で改善

2016年1月31日


昨日と一昨日の雨で乾燥していた地面や空気がしっとりした感じになりましたね
さて、肌の健康は柔軟な血管からというのがあると言うことです

肌の健康状態には血管や血流も関係します
花王の研究によれば冷水に手を浸した後、皮膚温の回復が遅い人は
血流調節の力が弱い可能性があるといいます
また、乾燥している冬には角質が乱れ白い粉がふいたような状態の鱗屑(リンセツ)になったり
肌荒れがひどくなったりすることが分かってきました

九州大学の前田敦教授は
「運動能力が高いほど血管の柔軟性があり血流を調節する力もある」と解説しています
1日30分以上の運動を2ヶ月間続けると血管の柔軟性が高まって
体温調節機能も向上することを突き止めた(日本経済新聞より)ということが書いてありました

冬の寒い時の運動はオックウになりがちです
私は帰宅途中に月6回~8回、高座プールで体を動かすようになって1年近くになります
私の場合、水中歩行30分、水泳30分合計1時間運動します
疲れないようにゆっくり泳いでいますが、体調はかなり良くなりました

高座プールの宣伝になりますが
プールの利用でスタンプが貰えて、10個集めると入場が1回無料になります
更に夜18時以降の入場ですと、スタンプが2個貰えるので
私はもう何回も無料で利用させてもらっています
面白いシステムですよね

ページの先頭へ

お問合せ・資料請求