木造建築の良さ

2016年1月26日


今日は昨日より少し寒さが和らいだ感じですが
日本付近を襲った寒波は各地に記録的な低温をもたらしました
奄美大島では115年ぶりの降雪があり
台湾では寒波の影響で25日朝までに体調を崩す人が続出したそうです

神奈川の地で暮らしていると新潟生まれの私には冬の暖かさがとても有難く感じます
体調にはくれぐれも気を付けたいものです

ところで、新国立競技場の設計を担当される隈研吾先生の記事を一部書きたいと思います

木造建築を手掛けて20年ほどになり、いろいろな経験をしてきて
木造は生き物なので想像していないようなことも起こります
木の使用を心配する人が多いのも確かで、コンクリートと違って
木造は部位単位で取り換えることが出来る点に特徴があるということです
雨掛かりで駄目になったら、そこだけ交換すればいい
コンクリート造ならすべて取り換えなければならない
木造の良さは一部を取り替えながら建物の寿命を長らえることができる点です
(日経アーキテクチュアより)

素晴らしい新国立競技場が完成するのが楽しみです

ページの先頭へ

お問合せ・資料請求