「水栓」を賢く選ぶ

2016年1月25日


今日の朝は今年一番の冷え込みで-2℃以下でした
事務所の水道は凍りついていて水が出ませんでした
原因を調べると保温材給水管から外れていたからでした
ポットにあったお湯を給水管にタオルを巻いて掛けると10分程度で水が出始めひと安心しました
九州沖縄地方でも雪が降ったらしく暖冬だなんて油断できません
気を付けたいものです

ところで、給湯エネルギーを減らそうとするとき
最も簡単な方法はお湯の使用量を減らすことです
無駄にお湯を使わない心掛けが基本で、それをうまく補佐するような機器を付ければ
ストレスが少なく節湯が可能です

そこで水栓が大きなポイントになり
「使いたい温度のお湯を使いたい量だけ使えるようにする」という目標に近づける水栓を付けて
①「出す/止める」のスイッチが付いているシャワーヘッド
②石鹸や汚れがついた手を使わなくても「出す/止める/湯温調節」ができるレバー
③水量(湯量)が少なくても洗浄能力を損なわないジャグも
 サーモスタットにより湯温調節が出来るもの
・・・などがこれにあたります

賢く取り入れたいものです

ページの先頭へ

お問合せ・資料請求