北海道に住む人の知恵

2016年1月24日

天気予報がはずれ雪にならなくて良かった
そう思いながら晴天の富士山に目をやると白くて光り輝いていました
日曜日なので朝は8時頃家を出ました

さて、住宅環境は人の健康と密接に関係しています
室内の寒さや大きな温度差は不快なばかりでなく
脳卒中や心臓病、神経痛、リウマチなどの要因となっています

特に脳卒中による死亡率は食事や医療などの要因とともに寒さが大きく関与しています
しかし、驚いたことに北海道では14℃以下になると死亡率の伸びが落ちています
北海道の耐寒住宅では死亡率が長野や秋田の1/2にも下がっています

なぜかというと、一般に外気温が14℃前後になると寒さを我慢するのではなく
暖房をつけて暖をとるからです。そのため、体に負担がかからないのです
寒い北海道が全体的に死亡率が少ないのは住宅の寒さ対策が考えられているためだと思われます

逆に冬が暖かい鹿児島では寒さ対策が考えられていないせいか
北海道よりも死亡率が高くなっています

これから考えるとやはり冬暖かく夏涼しい家は体に優しい家と言えます

ページの先頭へ

お問合せ・資料請求