暖房機器の選び方

2015年12月9日


天気は良いのですが体を動かさないと寒さを感じます
現場での外仕事の作業では体を動かすと、風さえ無ければ丁度良い感じの気温に思えます
しかし、家に帰ると暖房機器が欲しくなります

暖房機器には様々な種類がありますが
最近はエアコンや床暖房で部屋全体を暖める家庭が増えています
暖房費の面で試算すると高効率タイプのエアコンが最も経済的で
CO2排出量の面からみても優れています

エアコンはヒートポンプを使っている為エネルギー消費量が少ないのです
反対に電気ヒーター式の床暖房、オイルヒーターなどの
「ヒートポンプでない電気を使う」暖房はエネルギー消費量が多く暖房費もかかってしまいます
割安な夜間の電力を利用する床暖房などもありますが
電気代が安くなってもエネルギー消費量は増えることを忘れてはいけません

快適性の面では、床暖房が一番理想的です
難点とすれば部屋が暖まるのに時間がかかることです
また、ガスによるファンヒーターも快適性の面では高く評価されます
それは暖まる速さと暖房開始時の臭いが少ないことなどです
ファンヒーターは空気を汚しやすく水蒸気を発生させる為、注意が必要です

冬の過ごし方を考えるのも楽しいものです

ページの先頭へ

お問合せ・資料請求