自然に還る素材

2015年11月6日

朝7時半頃、家を出ると車の渋滞にはまってしまいました。
5分~10分程度で着くのが倍の20分かかってしまいました。
朝の時間なので損をした気分になってしまいます。
早く家を出るのに越したことはありませんね。

さて、ドイツの住宅展示場にあるバウフリッツ社のモデルハウスについてお伝えします。
素材はすべて自然に還るものを使い、エネルギーが余剰に出る「プラスエネルギーハウス」です。
最先端の技術が盛り込まれており、庭には水素カー用の給電装置もあるそうです。
ちなみに、ドイツの住宅展示場では省エネ性能が展示されていうのが普通で
どのような基準を満たしているのか、外壁の断熱性能はどれくらなのか、暖房方式何か
すべて高木別に一目でわかるようになっているそうです。
こうした性能はほとんどが一定の基準に達しているので、もはやそれだけで選ばれるのは
難しいそうです。
このため高い省エネ性能を達成しつつ、使われている素材が木やしっくい、レンガや
粘土のような環境に還るものかどうか、健康に良いものか・快適な住空間を提供しているか
といったプラスアルファが求められているそうです。

ページの先頭へ

お問合せ・資料請求