再注目のLPガス

2015年11月2日

朝から冷たい雨が降り続き、少しずつ体温が奪われていく感じの一日でした。

ところで、最近プロパンガスの使用が減っている感じがします。
オール電化・都市ガスなどに押され気味なLPガスです。

低炭素次社会に向け家庭部内の室内効果ガス(二酸化炭素など)削減は大きな課題です。
省エネと併せて環境負荷の小さなエネルギーの選択が求めれます。
LPガスは都市ガスとともに相対的にCO2排出量が少ないことが特徴で
「クリーンなエネルギー」と言ってもいいですし、また暮らしのエネルギーを最適化する
スマートハウスにもLPガスは有効です。
家庭の小さな発電所「エネファーム」は、LPガスから取り出した水素と大気中の酸素から
電気とお湯をつくり供給することが可能です。
災害時の復旧も早く環境負荷の少ないエネルギーとして
LPガスが改めて注目されているようです。

ページの先頭へ

お問合せ・資料請求