実現できるか?

2015年10月30日

足場を解体後の作業というと、オール電化であればエコキュート設置・建物の外回りの水道の
給排水工事の接続・雨水工事・左官工事・外構工事があります。
その前にやらなければならないのがゴミの片付け・シートの片付けです。
昨日と今日は最後の仕上げ前の整理。
それから建物の完了検査を受け、検査済証の発行を待ちます。

さて、建物のプランの打合せを進めていくうちに、夏のクーラーは苦手で極力使いたくないけど
熱中症が怖い。ということもよく耳にします。

住まいをつくるには夏を旨とすべしとは兼好法師の言葉ですが、確かに昔の風俗画などを見ると
夏は男も女も薄着で気怠そうに暑さに耐えています。

地球温暖化が危惧されるずっと昔から、やはり日本の夏は蒸し暑く凌ぎにくい季節だったようです。
江戸時代の人々よりも快適さに馴染んだ私たちにとって、暖冷房をしない生活は考えにくいものです
しかし、夏涼しく冬暖かく過ごせる家が実現して、エアコンは最小限の使用で済むならば、
声高に省エネを叫ばなくても、高価なエネルギーを無駄に使う人はいなくなるのではと思います。

ページの先頭へ

お問合せ・資料請求