気流止めが大事

2015年10月29日


ここのところ雨降りも少なくて現場のほうは助かっています
特に足場の解体までの工程には気をつかって工程を組み段取りをします
近年の長雨、大雨に関しては、正直お手上げ状態で・・・少し余裕をみたつもりでも
工期がぎりぎりになることがあります

さて、現在すんでいる家がどのような断熱を行っているかを判断する場合
「いつ頃建てた家か」だけで判断することは困難です
一般的には住宅取得時に手渡された設計図面、住宅金融支援機構の
融資内容、住宅性能表示を受けているかどうかで判断します
例えばリフォームを行う部屋の外壁、床、屋根に施工されている断熱材を交換したり
増やしたりする方法が一般的です
しかし、外壁などを壊さないため断熱材を施工出来ないようなリフォームの場合でも
床下や天井裏に気流止めだけでおも施工すると効果があります
なぜなら、平成11年以前には北海道以外の地域で気密住宅の判断が行われていないからです
そのため古い建物には気流止めがないと考えられます

壁の中に断熱材があっても気流止めがないと
壁の中に上昇気流が発生し床下からの冷気が壁内に侵入し
断熱材の性能が発揮されにくいことが分かっています
さらに、それらの冷気が室内に侵入すると隙間風の原因になります
気流止めの設置は外壁と床下や天井裏の取り合い部の隙間に
断熱材を丸めて押し込んだり、木などで隙間を塞ぐ工事ですので
床下や天井裏に人が入れる空間があれば施工ができ
リフォームをする際に壁内気流止めだけでも施工すると効果があることが確認されています

ページの先頭へ

お問合せ・資料請求