命を守る住まい

2015年10月27日


10月も残りわずかになり紅葉前線も近づいている朝夕です

さて、住まい手にとって現在住んでいる住宅を今後どうするかは大きな問題となります
まずは水回りか外回り(外壁、屋根)を中心にリフォームを行うのが一般的です
しかし、これからも長く住むためには内装や設備だけでなく
いつ頃建築されたかを考え今後、今に必要な性能を考える機会にしたいものです

家の性能として真っ先に頭に浮かぶのが耐震性かもしれません
建築基準法の大きな変化は特に昭和56年と平成12年です
この年に大きく耐震基準が改定されました
昭和55年以前の建物では基礎に鉄筋が入っていないと予想されますから
大きな地震がくると建物の倒壊危険性が高いと考えられます
建物の最も重要な機能は、住んでいる人の命を守ることです
耐震性に劣ると判断され、軽微な対策で不十分な場合にはリフォームする部屋に
シェルターのような耐震性の高い部分をつくったり
リフォームでは無く建て替えを検討することも必要になります
もうひとつ考えておきたいのは室内の温度です
最近の研究では住宅の断熱性能を高めることにより脳卒中や高血圧といった
循環器系の障害リスクが低減されることが分かってきています

ページの先頭へ

お問合せ・資料請求