省エネ基準

2015年10月17日


日曜日は車が少なく静かです
時々車のドアを閉める音が気になるくらいで気分が安らかになりホットするひと時です

今日は省エネについて書きます
省エネするほど省光熱費になり、住み手にとっては具体的なメリットになります
もちろん、どのレベルで断熱性能を、どの範囲まで行うかによっても省エネ、省光熱費メリットは変わってきます

予算と省エネ、省光熱費のバランスのとり方が断熱改修のポイントのひとつになると思います
Q値(注1)や一次エネルギー消費量の表示をしてみるのも一案かと思います

国土交通省の「低炭素社会に向かう住まいと住まい方推進会議」の資料では
無断熱住宅を次世代省エネ基準レベルまで断熱改修するとエネルギー消費量を約6割削減できるとしています
光熱費についても無断熱住宅の年間暖冷房費が13万3000円だったのに対し
次世代省エネ基準にすると5万2000円になり、年間8万1000円の削減となります
10年だと81万円20年だと162万円になります
ただし、同じデータで平成25年基準の年間光熱費は年間7万5000円とされており
次世代省エネ基準(平成11年基準)との差は年間2万3000円です
予算とのバランスの取り方が問題になると思います

(注1)Q値・・・熱損失係数

ページの先頭へ

お問合せ・資料請求