風の入口と出口

2015年10月7日


昨日と同じような天気で湿度が低くカラッとしていましたが
ジッとしていると肌寒さを感じました
朝から昨日のノーベル賞受賞の梶田さんのTVニュースを見て感動しました
二日連続のノーベル賞受賞!本当におめでとうございます
日本も現在、大変な時代ですが元気をいただいきました

さて、日当たりを重視する日本では
最も重要と考えられているリビングを日当たりの良い南側配置にします
そして、日が当らない北側はトイレやバスルームになることが多いのですが
南側を十分開け放っておけば、それで必ず風の通りが良くなるというものでもありません
何故なら反対側に同じ大きさの開口がなければ風は抜けないからです
これは、京都の町家に見られる坪庭と奥の庭に挟まれた座敷の構造と良く似ているそうです

例えばリビングが南北に通り抜け、北側にも開口があるプランならば風は通りやすく
採光の面から見ても北側から入ってくる柔らかい間接光は
リビングに均一な照度をもたらし、視覚的にも広さを感じさせる効果があります

仮に南側にだけ大きく開口を取った場合
リビングの南側と奥とで明るさに差がありすぎて、空間としてバランスが悪くなってしまいます
北側にも開口があればチョットした問題は解決してしまい
広さと開放感を味わうことが出来ると思います

ページの先頭へ

お問合せ・資料請求