窓を有効活用

2015年9月30日


今日の秋晴れは、とても気持ち良く過ごせました
現場作業をしている職人さんたちも気持ちよさそうに作業を続けています
現場でも吹抜けのある場所は明るい日差しがしっかり入ってきています

さて、一般に省エネルギー化を図るには外壁に面する部分(外皮)のなかで
最も熱損失の大きい窓の面積を小さくすることが有効と思うことがあります

窓は瑕疵化に熱損失の多い部位でもありますが、一方では
採光面で窓からは日射寝るを取得することもでき
窓の断熱性能と日射遮蔽性能をバランス良く高めることで住宅外皮のなかで
唯一熱収支がプラスになる部位でもあるということです

東京に立地した住宅において南面開口部面積を大きくした場合の暖冷房負荷を調べてみると
熱貫流率を1.90[W/(k・㎡)]とし日射取得率ηgを0.5以下とした場合には
窓面積を大きくしても暖冷房負荷はほとんど変わらず
さらに、断熱遮熱性能を高めた場合にはパッシブソーラー(注)効果により
窓面積を大きくした方が省エネルギーにつながることが分かっています

注)パッシブソーラー=自然の省エネ手法

ページの先頭へ

お問合せ・資料請求