三渓園

2015年9月4日


20年振りくらいで横浜の三渓園(さんけいえん)に散策に行ってきました
最近はボランティアのガイドさんがいて
内苑の建物の説明から外苑の建物の説明を歩きながらしてくださいます

20年前に見た時の印象を思い出しながら見学しました
内苑では数寄屋風書院造りの別荘建築である臨春閣(りんしゅんかく)の華麗な姿が
素晴らしく、建物の回りの庭園とのバランスが何ともいえないくらいでした

外苑では旧矢箆原家(旧やのはら家)住宅が印象的で飛騨白川郷にあった
合掌造りの住宅を移築した建物です
式台玄関や書院造りの座敷など農家ながら立派な接客の空間を備え
お寺に用いられる火灯窓がつけられるなど飛騨の三長者の一人ともいわれた
矢箆原家の豪勢ぶりがうかがわれました

現存する合掌造りでは最大級の民家だそうです
屋内では飛騨地方で使われた民具を展示している他
囲炉裏では毎日薪がくべられていて、黒光りした太い柱や梁が見事に見え
煙の臭いが昔の生活を彷彿とさせてくれました

建築を勉強中の娘もかなり勉強になり楽しめた様子でした

sankeien-1.jpgsankeien-3.jpg

sankeien-2.jpgsankeien-4.jpg

ページの先頭へ

お問合せ・資料請求