地域型グリーン化事業について

2015年8月3日

さすがに毎日の猛暑にはうんざりしていますが、気合いを入れて乗り切りたいと思います。

地域型住宅グリーン化事業が進んでいます。
今年も1棟あたりの補助金の額は、建築物の種別に応じて限度額が設定されており

・長期優良住宅および認定低炭素住宅では100万円まで
・ゼロエネルギー住宅では165万円まで
・低炭素建築物では1㎡あたり1万円まで

いずれも工事費の1割が対象となります。
さらに、土台・柱・梁・桁の材積の50%以上に地域材を使用する場合
20万円を上限にグループごとに割り当てられた補助金額が加算されます。
地域材とは、神奈川県の場合は主に丹沢・津久井の木材で、厚木の七沢の市川屋材木さんが
取り扱っており、認定制度のほか合法木材証明制度など適切な森林管理や伐採
一定の加工方法などを証明する制度で認証されていることが必要です。

また、グリーン化事業による補助は省エネポイントと併用することはできないので
注意が必要です。

ページの先頭へ

お問合せ・資料請求