漏気を減す

2015年7月21日


梅雨明け後の連日の猛暑
本格的な夏を感じます

建物の外部と室内で生じる意図しない空気の入れ替えを漏気といいます
「換気」とは、室内で発生する水蒸気、建材や臭いなどの汚染物質を排出して
人が暮らす居住スペースに新鮮な外気を入れることです

換気の範囲によって「全般換気」と「局所換気」に
換気方法によって「自然換気」と「機械換気」があり
機械換気は給気と排気の両方にファンが付く場合を「第一種換気」
給気だけにファンが付くのを「第二種換気」
排気だけに換気が付くのを「第三種換気」とし3種類の方法に分類されます

一方「漏気」とは、風や建物内外の温度差により建物の隙間や窓の隙間などから
室内に流入、流出する空気のことで。一般的には「隙間風」と呼ばているもので
換気とは区別して考える必要があります
住宅の気密性能を上げることで「換気量」は減らすことは出来ませんが
「漏気量」は大幅に減らすことができます
住宅の気密性能が低いと意図した換気経路が確保できず
室内の空気の質が悪化することがあります

このことから省エネルギー性が高く、居住温熱性能の質を向上させるためには
「換気」を適切に確保しながら「漏気」を減らすことが大切なことです

ページの先頭へ

お問合せ・資料請求