視線を遮るためには

2015年7月17日

雨台風が過ぎ去りホッと一息。かと思っていたら、今日も昨日と同じで
台風の影響で雨降りでした・・・

夏に窓を開けて風を通したいとき、昼間なら外より室内の方が暗いので
レースカーテン程度で外部からの視線を遮ることができます。

注意したいのは夜間です。
例えば夏の夜に室内で明かりを付けると、昼間は視線を防いでくれたレースカーテンやすだれでは
外から室内が見えてしまいます。
そんな時に役立つのがルーバー雨戸です。
一般的にルーバーが動かない雨戸は、通常ルーバーが下向きになっています。
でも、ルーバー調整雨戸であれば、外部からの視線をルーバーの羽根の角度を変えることで
遮ることができます。
例えば、歩行者が窓のすぐ近くを通る密集した住宅地の場合は、視線が見上げになるので
下半分のガラリ角度が変えられるタイプが便利です。

ページの先頭へ

お問合せ・資料請求