床断熱?基礎断熱?

2015年7月13日

朝から急に暑くなり猛暑日です。
少し動いたくらいで汗がダラダラ出てきた一日です。

床断熱とするか? 基礎断熱とするか?
そこで住宅の床下空間について書いてみます。

床下空間は、特に竣工直後から2年間程度は基礎コンクリートなどの保有水分が発散し
高湿度になりがちです。
さらに、床下空間は布基礎で仕切られており、直上の部屋の温度性状の影響を受け
住宅北側の洗面所や廊下などの低温部分の床下で結露が発生する場合があります。
床下断熱の場合は床下換気口を設けることにより、床下空間は外気と地盤温度の影響を
強く受ける為、住宅の床下を部分的に暖房した場合は、床下空間で温度ムラが生じます。
特に竣工初期から1~2年程は表面結露が生じる場合があります。

例えば、敷地が周りの土地に比べて低い・地下水位が高い・床の土壌面が敷地よりも低い
水田や湿地帯を造成した土地の場合、地盤の含水量が高くなりがちになり、床断熱として
床下換気を確保した方が良いのです。
一方、床下空間の高さが足りない植栽などで基礎の通気口からの通風が妨げられている
住宅密集地で、隣家間隔が小さい場合は床下換気量が十分確保できない場合がある為
基礎断熱工法が適していると言えます。

ページの先頭へ

お問合せ・資料請求